「勝ち星重ねるのは困難」 初勝利マー君を評論家武田氏が危惧

公開日:  更新日:

 ヤンキース田中将大投手(26)が精彩を欠いている。

 今季2戦目となった12日のレッドソックス戦は5回を1本塁打を含む4安打4失点。味方打線の大量援護があって初勝利が転がり込んできたものの、依然として本調子からは程遠い投球が続いている。

 開幕戦直後に米メディアから球威不足を指摘されたことが、よほどこたえたのかどうか。登板前日は自身のブログで「これから上げていく」と意欲を見せながら、この日の最速は149キロ止まり。開幕投手を務めたブルージェイズ戦では最速が150キロだったから、「上げていく」どころか球速は落ちているのだ。

「開幕当初であることを考慮しても、球威不足は気になります。直球に限らず、全ての球種についても当てはまることですが、腕が振り切れていません。球にキレがなく、緩急もうまく使えていないため、昨季、決め球にしていたスライダーやスプリットの効果は半減しています。レッドソックスの打者が田中のスプリットをやすやすと見送るのは当然でしょう。現状のままでは今季、勝ち星を積み重ねるのは厳しいと思いますね」(NHKの大リーグ中継で解説を務める評論家の武田一浩氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る