• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「勝ち星重ねるのは困難」 初勝利マー君を評論家武田氏が危惧

 ヤンキース田中将大投手(26)が精彩を欠いている。

 今季2戦目となった12日のレッドソックス戦は5回を1本塁打を含む4安打4失点。味方打線の大量援護があって初勝利が転がり込んできたものの、依然として本調子からは程遠い投球が続いている。

 開幕戦直後に米メディアから球威不足を指摘されたことが、よほどこたえたのかどうか。登板前日は自身のブログで「これから上げていく」と意欲を見せながら、この日の最速は149キロ止まり。開幕投手を務めたブルージェイズ戦では最速が150キロだったから、「上げていく」どころか球速は落ちているのだ。

「開幕当初であることを考慮しても、球威不足は気になります。直球に限らず、全ての球種についても当てはまることですが、腕が振り切れていません。球にキレがなく、緩急もうまく使えていないため、昨季、決め球にしていたスライダーやスプリットの効果は半減しています。レッドソックスの打者が田中のスプリットをやすやすと見送るのは当然でしょう。現状のままでは今季、勝ち星を積み重ねるのは厳しいと思いますね」(NHKの大リーグ中継で解説を務める評論家の武田一浩氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る