「勝ち星重ねるのは困難」 初勝利マー君を評論家武田氏が危惧

公開日: 更新日:

 ヤンキース田中将大投手(26)が精彩を欠いている。

 今季2戦目となった12日のレッドソックス戦は5回を1本塁打を含む4安打4失点。味方打線の大量援護があって初勝利が転がり込んできたものの、依然として本調子からは程遠い投球が続いている。

 開幕戦直後に米メディアから球威不足を指摘されたことが、よほどこたえたのかどうか。登板前日は自身のブログで「これから上げていく」と意欲を見せながら、この日の最速は149キロ止まり。開幕投手を務めたブルージェイズ戦では最速が150キロだったから、「上げていく」どころか球速は落ちているのだ。

「開幕当初であることを考慮しても、球威不足は気になります。直球に限らず、全ての球種についても当てはまることですが、腕が振り切れていません。球にキレがなく、緩急もうまく使えていないため、昨季、決め球にしていたスライダーやスプリットの効果は半減しています。レッドソックスの打者が田中のスプリットをやすやすと見送るのは当然でしょう。現状のままでは今季、勝ち星を積み重ねるのは厳しいと思いますね」(NHKの大リーグ中継で解説を務める評論家の武田一浩氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る