「勝ち星重ねるのは困難」 初勝利マー君を評論家武田氏が危惧

公開日: 更新日:

 ヤンキース田中将大投手(26)が精彩を欠いている。

 今季2戦目となった12日のレッドソックス戦は5回を1本塁打を含む4安打4失点。味方打線の大量援護があって初勝利が転がり込んできたものの、依然として本調子からは程遠い投球が続いている。

 開幕戦直後に米メディアから球威不足を指摘されたことが、よほどこたえたのかどうか。登板前日は自身のブログで「これから上げていく」と意欲を見せながら、この日の最速は149キロ止まり。開幕投手を務めたブルージェイズ戦では最速が150キロだったから、「上げていく」どころか球速は落ちているのだ。

「開幕当初であることを考慮しても、球威不足は気になります。直球に限らず、全ての球種についても当てはまることですが、腕が振り切れていません。球にキレがなく、緩急もうまく使えていないため、昨季、決め球にしていたスライダーやスプリットの効果は半減しています。レッドソックスの打者が田中のスプリットをやすやすと見送るのは当然でしょう。現状のままでは今季、勝ち星を積み重ねるのは厳しいと思いますね」(NHKの大リーグ中継で解説を務める評論家の武田一浩氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る