• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第34回>160キロのエネルギー

 高校時代の最大の転機は3年春のセンバツだった。

 2年夏に骨端線損傷を患い、秋の大会は投球禁止。翌年のセンバツ出場のかかった県大会と東北大会はまったく投げられなかった。ここぞという試合に野手、あるいは代打として出場しただけ。それでも花巻東は他の投手陣が踏ん張って、東北大会ベスト4に。大谷にとっては、仲間に連れていってもらったセンバツだった。

 投球練習を始められたのは年明け。走り込みが不足したのも響いたのかもしれない。初戦で藤浪(現阪神)、森(現西武)のバッテリーを擁する大阪桐蔭に大敗。大谷は打者として右中間に本塁打を放ったものの、投手としては8回3分の2を7安打7四球9失点と火だるまになった。仲間に恩返しをすべきセンバツで、惨憺たる結果に終わった。

 両親は失意の大谷を間近で支えた。センバツで負けた直後の山梨遠征には大谷の姉・結香(22)も含め家族3人が付いていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る