<第33回>点呼があってもアラームはセットしない

公開日:  更新日:

「打たれてマウンドを蹴飛ばすこともない。ポーカーフェースというか投げているときも表情にあまり出さない。自分の中では何か思っているのかもしれませんけど、それを表に出さないのです」

 花巻東時代の大谷に関してこう言うのは、日本ハムの岸里亮佑外野手(20)。花巻東の1年後輩で、寮では大谷と同部屋。プロに入ったいまも同じチームでプレーする岸里が「翔平さんはひと言で言えばマイペースでした」とこう続ける。

「寮は毎朝、点呼が6時10分とか15分にあり、みな、その時間に起きるんですけど、翔平さんはアラームとかつけてなかったので。寝坊したらマズいなと気を使って僕が起こしていました。『翔平さん、点呼です』と。寝るのが好きみたいでしたね(笑い)。プロでも一緒ですが、翔平さんが焦っているところはあまり見たことがありません。慌てたり、動揺したりとか。どういう状況に置かれてもマイペースでやれる人なのかなと。慌ただしい行動を引き起こすことをそもそもしません。とにかく落ち着いた生活です。グラウンドでも冷静さを失っているなと思ったことはほとんどありませんでしたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る