<第32回>試合に負けても本のしわに気づいても「涙の原点」

公開日:  更新日:

 教室の中ではカッとなったり、大声を上げたりしたことはほとんどない。

 大谷の水沢南中学時代の同級生・渡邊洸大は「いつも穏やかでした。ふざけて怒られても、引きずったりしない。応援リーダーや音楽のパートリーダーも自分から積極的にやるわけじゃないけど、誘われればやる。クラスのみんなの前に立って何かをしたり、人を笑わせたりって、本当に嫌ならやらないと思う。まじめで堅そうなイメージがありますけど、全然、違います」と話す。

 穏やかで人を笑わせるのが大好きな大谷はしかし、グラウンドではまったく違う顔を見せた。

「リトルでもシニアでも負ければ涙を浮かべていた」とは父親の徹(52)。母親の加代子(51)は「普段は他の人が気になるようなことでも、自分が気にならなければ何ともない。家に帰ってきたときなんか、本当にだらんとしていますから(笑い)。けど、思い入れの強いもの、自分にとって大切なものに関しては、泣いたり怒ったり、割と感情をストレートに表現していたかもしれません」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る