<第32回>試合に負けても本のしわに気づいても「涙の原点」

公開日:  更新日:

 教室の中ではカッとなったり、大声を上げたりしたことはほとんどない。

 大谷の水沢南中学時代の同級生・渡邊洸大は「いつも穏やかでした。ふざけて怒られても、引きずったりしない。応援リーダーや音楽のパートリーダーも自分から積極的にやるわけじゃないけど、誘われればやる。クラスのみんなの前に立って何かをしたり、人を笑わせたりって、本当に嫌ならやらないと思う。まじめで堅そうなイメージがありますけど、全然、違います」と話す。

 穏やかで人を笑わせるのが大好きな大谷はしかし、グラウンドではまったく違う顔を見せた。

「リトルでもシニアでも負ければ涙を浮かべていた」とは父親の徹(52)。母親の加代子(51)は「普段は他の人が気になるようなことでも、自分が気にならなければ何ともない。家に帰ってきたときなんか、本当にだらんとしていますから(笑い)。けど、思い入れの強いもの、自分にとって大切なものに関しては、泣いたり怒ったり、割と感情をストレートに表現していたかもしれません」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る