<第31回>寮の机の引き出しから出てきたのは…

公開日:  更新日:

 大谷が花巻東の1年生だった当時、寮には野球部員の親御さんたちも出入りすることができた。

 週末になると車で片道1時間ほどかけて練習試合を見に行っていた母親の加代子(51)は、そのたびに大谷の好物のお菓子などを部屋に差し入れ。シーツなど自分で洗濯しづらい類いのものは持って帰り、新しいものと交換していた。

 そんな加代子が寮の大谷の部屋にいたあるとき、つんっと、すえた臭いが鼻を突いた。異臭はどうやら机の方から漂ってくる。さすがに気になって引き出しを開けると、中には食べ残した弁当が入っていた。ふたを開けると、白いご飯にびっしりとカビが生え、膨らんでいた。

 加代子が笑いながらこう言った。

「練習試合のとき、お昼は仕出し屋さんが持ってきてくれるお弁当を食べるんですけど、残ったのはまず、ピッチャー陣が食べるのです。体重を何キロにするとか、目標があったみたいで……。食べ切れなかったのをゴミ箱に捨てるわけにもいかず、引き出しに入れたのだと思います。それを(私が)持って帰ってきたことがあるのです。最初の1年間はきつかったと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る