• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

練習熱心でもスコアが良くならないのは理由がある

  先週の女子ツアー、ワールドレディス・サロンパス杯では弱冠20歳のチョン・インジ(韓国)が、2位に4打差をつける通算12アンダーで逃げ切り優勝。日本ツアー初出場、初優勝をメジャーで果たしたのはツアー史上初めてだそうだ。

 ボクは現地観戦していたが、チョン選手はとても20歳とは思えない堂々としたプレーぶり。最終日、最終組のプレッシャーをものともせず、一打一打を、あたかも練習場でボールを打っているような感じでプレーしているように見えた。

 本題に入ろう。プロとアマチュアの違いはいくつもあるが、アマチュアの多くは練習の成果がコースで出ていない。練習場で打っているようなボールをコースで打てる人はそう多くない。

 では、なぜアマチュアはコースで練習の成果が発揮できないのか?

 ツアープロのコーチ、石井忍プロは著書「スコアの壁を破る!自分のゴルフの見直し方」(マイナビ)で、その理由をこう分析している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る