マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

2割のミスを前提にコースマネジメントを行う

公開日:  更新日:

 先週の男子ツアー、中日クラウンズでは最終日に4バーディー、1ボギーの67で回ったI・J・ジャン(韓国)が通算10アンダーで優勝。2012年に次ぐ大会2勝目、ツアー通算3勝目を挙げた。

 クラウンズが開催される名古屋ゴルフ倶楽部は難コースといわれているが、距離は6545ヤードしかない。男子ツアーの中では距離が短く、ティーショットはドライバー以外のクラブで打つことが多くなる。遠くに飛ばすことよりも、極めて細かいコースマネジメントが求められる。

 本題に入ろう。コースマネジメントはプロのみならず、我々アマチュアにも必要なことである。

 同じ腕前であっても、マネジメントが良いか悪いかでスコアは10打ぐらい違ってくるからだ。

 では、どんなふうなマネジメントを心がけるとスコアが良くなるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る