• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

シャフトが反り曲がった練習クラブはアマチュアに大いに役立つ

 先週の男子ツアー、日本プロゴルフ選手権はレフティーのアダム・ブランド(豪州)が、2位に3打差をつけて日本ツアー初優勝をメジャーで飾った。レフティーが国内ツアーを制したのは羽川豊以来、なんと24年ぶりのことである。

 ボクは大会2日目に現地観戦したが、一番時間を割いたのはドライビングレンジ。コースよりも練習場の方が、多くの選手のスイングを間近で観察できるし、どんな練習器具を使っているのかもチェックできるからだ。

 本題に入ろう。

 最近は練習器具を使う選手が増えてきたが、ボクが注目したのは、アメリカ発のシャフトが大きく反り曲がっている練習クラブだ。「DSTコンプレッサー」と呼ばれるモノで、グリップよりもヘッドが後ろに位置するようにシャフトが大きく反り曲がっている。

 見た目はなんとも奇抜な形状であるが、これは非常に理にかなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る