マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

シャフトが反り曲がった練習クラブはアマチュアに大いに役立つ

公開日:  更新日:

 先週の男子ツアー、日本プロゴルフ選手権はレフティーのアダム・ブランド(豪州)が、2位に3打差をつけて日本ツアー初優勝をメジャーで飾った。レフティーが国内ツアーを制したのは羽川豊以来、なんと24年ぶりのことである。

 ボクは大会2日目に現地観戦したが、一番時間を割いたのはドライビングレンジ。コースよりも練習場の方が、多くの選手のスイングを間近で観察できるし、どんな練習器具を使っているのかもチェックできるからだ。

 本題に入ろう。

 最近は練習器具を使う選手が増えてきたが、ボクが注目したのは、アメリカ発のシャフトが大きく反り曲がっている練習クラブだ。「DSTコンプレッサー」と呼ばれるモノで、グリップよりもヘッドが後ろに位置するようにシャフトが大きく反り曲がっている。

 見た目はなんとも奇抜な形状であるが、これは非常に理にかなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る