日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10.3ジャパンOPで再出発 浅田真央「復帰戦決定」の舞台裏

 女子フィギュアの浅田真央(24)の復帰戦が今年10月3日に行われるジャパンオープン(さいたまスーパーアリーナ)に正式決定した。ソチ五輪後の14年5月から1年間休養した浅田は当初、そのブランクを埋めるべく9月末の地方大会である中部選手権(愛知)から出場。ブロック予選を勝ち抜いてグランプリ(GP)シリーズ本戦に出場するという青写真を描いていたが、そのプランを白紙に戻したわけである。

 ジャパンOPは、1チーム男女各2人で行われる団体戦。通常の大会とは異なりショートプログラムがなく、フリー演技のみで争われる。長期休養明けで体力面に不安がある浅田にとっては、フリーのみという試合形式はプラスだろう。

 加えて、同大会に出場すれば、国際スケート連盟の規定によりGPシリーズ出場までの予選免除の恩恵も受けられる。そんなメリットを考慮したうえでこの大会を復帰戦に選んだのだろうが、あるフィギュア関係者は「それだけじゃない。真央の復帰戦の裏にはスケート連盟の思惑、意向が大きい」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事