<第8回>モンゴル人力士の日本語が流暢なカラクリ

公開日:  更新日:

「すいません。今の言葉、どういう意味ですか?」

 ペンと手帳を手に力士に取材する記者――ではない。聞き手もマゲを結った力士。しかし、その日本語はたどたどしい。

 この力士が言う。

「入門して1年くらいはペンと手帳が手放せませんでした。稽古中は無理でも、掃除や料理の手伝いをしているときはいつも持ち歩いていました。僕は言葉も何もわからないまま日本に来ましたからね。親方や兄弟子と話していて知らない言葉が出てくるたびに、ゆっくりとしゃべってもらって、発音と意味をメモしていました。自分なりの辞書ですね。言葉が通じなくてつらかったこと? やっぱり、自分の言いたいことを言えなかったときでしょうね。気持ちを伝えようにも、それを日本語でどう言えばいいのかわからない。それが一番しんどかったですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る