<第8回>モンゴル人力士の日本語が流暢なカラクリ

公開日: 更新日:

「すいません。今の言葉、どういう意味ですか?」

 ペンと手帳を手に力士に取材する記者――ではない。聞き手もマゲを結った力士。しかし、その日本語はたどたどしい。

 この力士が言う。

「入門して1年くらいはペンと手帳が手放せませんでした。稽古中は無理でも、掃除や料理の手伝いをしているときはいつも持ち歩いていました。僕は言葉も何もわからないまま日本に来ましたからね。親方や兄弟子と話していて知らない言葉が出てくるたびに、ゆっくりとしゃべってもらって、発音と意味をメモしていました。自分なりの辞書ですね。言葉が通じなくてつらかったこと? やっぱり、自分の言いたいことを言えなかったときでしょうね。気持ちを伝えようにも、それを日本語でどう言えばいいのかわからない。それが一番しんどかったですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  5. 5

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  6. 6

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  7. 7

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    北川景子「リコカツ」堅調も…変わらぬ美貌が“足かせ”に?

もっと見る