<第2回>モンゴル人力士の値段

公開日: 更新日:

「君が今度入ったモンゴル人力士か。うむ、うむ、大変だろうけど頑張れよ。少ないだろうけど、これを小遣いの足しにでもしなさい」

 ある部屋のタニマチは新しく入門したモンゴル人力士に目を細めると、財布から1万円札を取り出し、その場で手渡した。確かにタニマチが振る舞う額としては多いとはいえない。

 しかし、カネをもらったモンゴル人力士は1万円札を握る手をブルブル震わせて、「ア、ア、アリガトゴザマス!」と覚えたてのつたない日本語で叫んだものだから、タニマチの方がビックリ。もちろん、悪い気はせず、「そういう時は『ごっつぁんです』だろう」なんてニヤニヤしながら去っていった。

 モンゴル人にとって、1万円というのは家族4人が1カ月暮らせるだけの大金だ。力士は十両に上がるまでは給料が出ず、2カ月に1度、本場所手当が出る。幕下で15万円だが、入門したての序ノ口ではわずか7万円しかもらえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る