CS初の4戦連発 日ハム中田の快音に中洲キャバ嬢大喜び

公開日: 更新日:

「(難しいコースだったけど)うまく打てたわ。あんまり何試合連続とかそういうことは気にしてないけど、点は何点あってもいいからね」

 上機嫌にこう話したのは17日のソフトバンク戦でCS史上初となる4試合連続本塁打を放った日本ハム・中田翔(25)だ。

 六回1死一、二塁で迎えた第4打席。東浜の内角直球を左翼席中段に叩き込む豪快な3ラン。満面の笑みで悠然とダイヤモンドを一周した。

 中田は今季、プロ入り初となるタイトル(打点王)を獲得しながら、終盤は極度の不振。9月、10月の公式戦27試合は打率.227、4本塁打、15打点と不安を抱えてCSに臨んでいた。それが一転、好調になった裏にはソフトバンクとの「相性」と「長期遠征」が大きい。

 今季ソフトバンク戦(24試合)の通算成績は打率.230、8本塁打、21打点。打率こそ低いものの、本塁打と打点はいずれも他の4チームとの対戦成績を上回っている。ヤフオクドームに限っていえば、打率.286、5本塁打、13打点。パの敵地球場の中で最高の数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る