CS初の4戦連発 日ハム中田の快音に中洲キャバ嬢大喜び

公開日:  更新日:

「(難しいコースだったけど)うまく打てたわ。あんまり何試合連続とかそういうことは気にしてないけど、点は何点あってもいいからね」

 上機嫌にこう話したのは17日のソフトバンク戦でCS史上初となる4試合連続本塁打を放った日本ハム・中田翔(25)だ。

 六回1死一、二塁で迎えた第4打席。東浜の内角直球を左翼席中段に叩き込む豪快な3ラン。満面の笑みで悠然とダイヤモンドを一周した。

 中田は今季、プロ入り初となるタイトル(打点王)を獲得しながら、終盤は極度の不振。9月、10月の公式戦27試合は打率.227、4本塁打、15打点と不安を抱えてCSに臨んでいた。それが一転、好調になった裏にはソフトバンクとの「相性」と「長期遠征」が大きい。

 今季ソフトバンク戦(24試合)の通算成績は打率.230、8本塁打、21打点。打率こそ低いものの、本塁打と打点はいずれも他の4チームとの対戦成績を上回っている。ヤフオクドームに限っていえば、打率.286、5本塁打、13打点。パの敵地球場の中で最高の数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る