日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

剛力彩芽が“あげまん”に ヤクルトが首位阪神との接戦制す

「凄い緊張したけど、結構いい球が投げられたと思います」

 笑顔でこう話したのは女優の剛力彩芽(22)。30日のヤクルト戦で人生で2度目という始球式に登場。ヤクルト製品のCMに出演する剛力は、白いドレス姿でワンバウンド投球を行い、ファンを喜ばせた。

 試合はヤクルトが首位阪神とのシーソーゲームを制した。2勝8敗と苦手にしていただけに、この1勝は価値がある。活躍を見せたのは日本ハムからFAで獲得した大引だ。1-2の六回に右翼線に2点二塁打を放つと、3-3の同点で迎えた八回1死満塁の場面では、前進守備の横を抜く中前適時打。2本のタイムリーで勝利に貢献し、移籍後初のお立ち台で喜びを爆発させた。

 今季の大引はここまで打率.133と大不振で、5月には左脇腹を肉離れ。約1カ月半、二軍落ちを強いられ、先日一軍に復帰したばかりだった。不振選手が活躍して苦手チームに勝利しただけに、ヤクルト関係者は、「剛力さんにCMに出てもらって、商品が飛ぶように売れた実績がある。チームもあやかったのかも」とホクホク顔。

 剛力はヤクルトにとって“あげまん”のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事