元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

敵のコーチに「勘弁して。監督にめちゃくちゃ怒られたんだから」と懇願された

公開日:  更新日:

「おまえ、なにしとんじゃ!」

 怒声の主は現巨人総合コーチの村田真一さんです。顔は笑っていましたが、半分は本気だったと思います。

 高校2年の春、甲子園で二塁走者を「隠し球」でアウトにし、「高校生らしくない」と批判の集中砲火を浴びた僕は、プロでも2度、この奇策を成功させました。長嶋監督が命名してくれた「クセ者」のゆえんですが、実は味方の先輩選手もこれに引っかけたことがあります。それが、村田さんでした。

 春の宮崎キャンプの紅白戦。村田さんが二塁打を放ちました。調子が良かったのでしょう、二塁ベース上で満足そうに何度もうなずいていたのを、遊撃のポジションについていた僕は見逃しませんでした。外野からの返球が戻ってきても、ソッポを向いています。

 いや、たかが紅白戦ですから、普通はそこまで走者の動きや表情に目を凝らす必要などありません。走者の方だって、神経質にはならないものです。そう思いながら、ちょっと紅白戦を盛り上げようか、とイタズラ心が頭をもたげました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る