元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

米国で高橋尚成とビックリ仰天の再会

公開日:  更新日:

 後輩選手で、面と向かって僕を「大ちゃん」と呼ぶのは3人だけ。ひとりは前に紹介した高橋由伸で、もうひとりは現DeNAの高橋尚成です。

 同姓の由伸と尚成は生まれも同じ75年で、誕生日も4月3日と2日の1日違い。ともにドラフト1位で巨人に入団してきたものの、まさにプリンスの由伸とは対照的に社会人を経て2年遅れで入ってきた尚成を当初から僕は「ニセモノ」と呼んでいました。

「由伸は見た目も実力も本物のスター。おまえはニセモノだな、ニセモノ」

 そんなふうにイジっていたら、すぐに距離が縮まり、実の兄弟のようになりました。今でも家族ぐるみの付き合いです。

 1年目のキャンプで食事に誘ったのがスタートでしたが、由伸も阿部慎之助も真っ先に連れ出したのは恐らく僕です。これには理由があります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る