元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

「高校生らしくない」と苦情電話が殺到し、学校の回線がパンクした

公開日: 更新日:

 振り返れば、小学生の頃から「クセ者」の資質があったのかもしれません。6年時には「4番・ピッチャー」として、大阪でもそれなりに名の通る存在になれましたが、自分が活躍するより、チームの勝利の方が何倍もうれしかった。勝つためにどうするか、何ができるか。当時から日常的に相手の隙を突くことを考えていました。

 投手としては、空振り三振より、打者の裏をかく見逃し三振を奪ったときの快感が強かったし、打席でダラダラしている相手には、すぐにプレートを踏んで構える前に投げたりもしました。

 走者として塁に出ればホームベースをふさいで立つ捕手に対しては、遠慮なくスライディングをしてはじき飛ばす。ベースの前に立っている方が悪いんだ、とルールブックを見て勉強し、誰に教わるでもなくそういうプレーをしていたのです。

 上宮高校時代もそうでした。僕はプロの公式戦で2度の隠し球を成功させていますが、実は高校2年春の甲子園でもやっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  9. 9

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  10. 10

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る