• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

結婚式は仲人・長嶋監督の挨拶で大盛り上がり

 2000年12月2日、媒酌人を引き受けてくださった長嶋監督夫妻と250人以上の列席者に見守られる中、無事に結婚式・披露宴を執り行うことができました。僕の人生でも最大の自慢のひとつです。なにしろ、あの長嶋さんに仲人を務めていただいた現役選手は堀内恒夫さん、篠塚和典さんと僕の3人だけ。こんな光栄なことはありません。

 挨拶で「レギュラーよりも力を発揮するスーパーサブとして日本一に貢献してくれた」と紹介してくれた長嶋監督は続けて、「今年はサード、ショート、レフトもこなしてセンターも……やったかな? ライトは? キャッチャーまでやったんじゃないか?」と大いに盛り上げてくれました。

 センター以下は長嶋監督のジョークですが、現役時代は確かにいろいろなポジションを守りました。言ってみれば便利屋です。そんな僕に「スーパーサブ」「クセ者」と新たな呼称をつけてくれ、巨大戦力の巨人で生きる道を与えてくれたのも長嶋監督でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る