• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

婚約会見の翌日、スポーツ紙の1面にとんでもない記事が

 あれには参りました。

 2000年1月30日、春季キャンプ前によみうりランドで行われる恒例の球団イベント。集まった史上最多の1万2000人のファンの前で長嶋監督が「今年は何が何でも勝ちに行きます」とV奪回を宣言し、大いに盛り上がって終了した直後です。

 マネジャーを通じて長嶋監督に控室へ呼び出されたのです。

「新聞、見たぞ。なんなんだあれは?」

 あのことだ……。心当たりはありました。

 ちょうど1週間前。妻との婚約会見を行った翌日、スポーツ新聞の1面で「元木&大神いずみ
 長嶋監督に仲人要請!」と報じられたのです。いや、会見で確かに「もしやっていただけるのなら……」とは言いました。ですが、それは報道陣から「仲人は長嶋監督にお願いしたら?」と水を向けられ、そう返事をせざるを得なかっただけ。恐れ多くて、そんなつもりは毛頭ありませんでした。実は、結婚を決めた直後に長嶋一茂さんに仲人をお願いしていたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る