元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

婚約会見の翌日、スポーツ紙の1面にとんでもない記事が

公開日:  更新日:

 あれには参りました。

 2000年1月30日、春季キャンプ前によみうりランドで行われる恒例の球団イベント。集まった史上最多の1万2000人のファンの前で長嶋監督が「今年は何が何でも勝ちに行きます」とV奪回を宣言し、大いに盛り上がって終了した直後です。

 マネジャーを通じて長嶋監督に控室へ呼び出されたのです。

「新聞、見たぞ。なんなんだあれは?」

 あのことだ……。心当たりはありました。

 ちょうど1週間前。妻との婚約会見を行った翌日、スポーツ新聞の1面で「元木&大神いずみ
 長嶋監督に仲人要請!」と報じられたのです。いや、会見で確かに「もしやっていただけるのなら……」とは言いました。ですが、それは報道陣から「仲人は長嶋監督にお願いしたら?」と水を向けられ、そう返事をせざるを得なかっただけ。恐れ多くて、そんなつもりは毛頭ありませんでした。実は、結婚を決めた直後に長嶋一茂さんに仲人をお願いしていたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る