元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

婚約会見の翌日、スポーツ紙の1面にとんでもない記事が

公開日: 更新日:

 あれには参りました。

 2000年1月30日、春季キャンプ前によみうりランドで行われる恒例の球団イベント。集まった史上最多の1万2000人のファンの前で長嶋監督が「今年は何が何でも勝ちに行きます」とV奪回を宣言し、大いに盛り上がって終了した直後です。

 マネジャーを通じて長嶋監督に控室へ呼び出されたのです。

「新聞、見たぞ。なんなんだあれは?」

 あのことだ……。心当たりはありました。

 ちょうど1週間前。妻との婚約会見を行った翌日、スポーツ新聞の1面で「元木&大神いずみ
 長嶋監督に仲人要請!」と報じられたのです。いや、会見で確かに「もしやっていただけるのなら……」とは言いました。ですが、それは報道陣から「仲人は長嶋監督にお願いしたら?」と水を向けられ、そう返事をせざるを得なかっただけ。恐れ多くて、そんなつもりは毛頭ありませんでした。実は、結婚を決めた直後に長嶋一茂さんに仲人をお願いしていたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る