• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高校No.1右腕・高橋純平 「課題は暑さ」とスカウト指摘

 今年の高校生ナンバーワン投手といえば高橋純平(県岐阜商)。すでに今秋のドラフト1位指名を決めたプロ球団も中にはある。

 5日は夏の甲子園出場がかかる岐阜県大会の初戦。長良川球場のスタンドにはヤクルトの小川SDを含め10球団、計20人のスカウトが駆け付けたものの、高橋は登板せず“空振り”に。県岐阜商は控え投手の継投で3回戦に進出した。

 高橋は今春のセンバツで150キロをマークしてチームをベスト8に導いた。夏も甲子園に牽引するようなら、県岐阜商は注目校のひとつになる。

 しかし、「センバツでの高橋の投球が気に入らない」と言うのは、あるスカウトだ。

「初戦の松商学園戦は変化球中心、中3日だった2回戦の近江戦は速球中心でそれなりのピッチングをした。なのに連投だった準々決勝の浦和学院戦は明らかなスタミナ切れで、抑えが利かず球が高めに浮いたところを打ち込まれた。初戦も2回戦も打者によって力をセーブ、体力を温存しながら投げていたにもかかわらずです。素質はピカイチだから間隔のあく1、2回戦はともかく、うだるような暑さが続く夏の甲子園で上位まで行くのは難しいと思う」

 別のスカウトも「指揮を執る小川監督は、昨秋就任したばかり。ドラフトの目玉を目いっぱい追い込んで故障させるわけにもいきませんからね。鍛え方が足りないのではないか」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る