高校No.1右腕・高橋純平 「課題は暑さ」とスカウト指摘

公開日: 更新日:

 今年の高校生ナンバーワン投手といえば高橋純平(県岐阜商)。すでに今秋のドラフト1位指名を決めたプロ球団も中にはある。

 5日は夏の甲子園出場がかかる岐阜県大会の初戦。長良川球場のスタンドにはヤクルトの小川SDを含め10球団、計20人のスカウトが駆け付けたものの、高橋は登板せず“空振り”に。県岐阜商は控え投手の継投で3回戦に進出した。

 高橋は今春のセンバツで150キロをマークしてチームをベスト8に導いた。夏も甲子園に牽引するようなら、県岐阜商は注目校のひとつになる。

 しかし、「センバツでの高橋の投球が気に入らない」と言うのは、あるスカウトだ。

「初戦の松商学園戦は変化球中心、中3日だった2回戦の近江戦は速球中心でそれなりのピッチングをした。なのに連投だった準々決勝の浦和学院戦は明らかなスタミナ切れで、抑えが利かず球が高めに浮いたところを打ち込まれた。初戦も2回戦も打者によって力をセーブ、体力を温存しながら投げていたにもかかわらずです。素質はピカイチだから間隔のあく1、2回戦はともかく、うだるような暑さが続く夏の甲子園で上位まで行くのは難しいと思う」

 別のスカウトも「指揮を執る小川監督は、昨秋就任したばかり。ドラフトの目玉を目いっぱい追い込んで故障させるわけにもいきませんからね。鍛え方が足りないのではないか」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る