• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8戦ぶり無安打のイチローはリードオフマンでも“失格”

 マーリンズ・イチロー(41)が掴んだ定位置は、つかの間かも知れない。

 21日(日本時間22日)のダイヤモンドバックス戦に「1番・右翼」でスタメン出場。4戦連続でリードオフマンを任されたものの、5打数ヒットなし。連続安打は7試合で途絶えた。

 ここにきて開幕から1番を務めてきたゴードン内野手が左手親指脱臼で故障者リスト入り。イチローはナ・リーグの打撃部門で上位に名を連ねていたゴードンの代役を務めるが、リードオフマンの働きとしては物足りない。

 ここ3試合でイチローが相手投手に投げさせたのは1打席あたり3球。もともと、マリナーズ時代から早打ちとはいえ、1番打者はファウルで粘るなどして相手投手に球数を放らせるのも重要な役割の一つだ。初球から手を出して凡打に倒れるなど悪球打ちも相変わらずでリードオフマンとしての役目を果たしているとは言い難いのだ。

 打撃不振でマイナーに降格している正中堅手のオズナが近日中にも復帰する見込みだ。ジェニングズ監督がオーダーを組み替える可能性もあるだけに、イチローの下位降格は時間の問題か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る