• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8戦ぶり無安打のイチローはリードオフマンでも“失格”

 マーリンズ・イチロー(41)が掴んだ定位置は、つかの間かも知れない。

 21日(日本時間22日)のダイヤモンドバックス戦に「1番・右翼」でスタメン出場。4戦連続でリードオフマンを任されたものの、5打数ヒットなし。連続安打は7試合で途絶えた。

 ここにきて開幕から1番を務めてきたゴードン内野手が左手親指脱臼で故障者リスト入り。イチローはナ・リーグの打撃部門で上位に名を連ねていたゴードンの代役を務めるが、リードオフマンの働きとしては物足りない。

 ここ3試合でイチローが相手投手に投げさせたのは1打席あたり3球。もともと、マリナーズ時代から早打ちとはいえ、1番打者はファウルで粘るなどして相手投手に球数を放らせるのも重要な役割の一つだ。初球から手を出して凡打に倒れるなど悪球打ちも相変わらずでリードオフマンとしての役目を果たしているとは言い難いのだ。

 打撃不振でマイナーに降格している正中堅手のオズナが近日中にも復帰する見込みだ。ジェニングズ監督がオーダーを組み替える可能性もあるだけに、イチローの下位降格は時間の問題か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る