• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貧打より深刻…巨人・杉内の肩はもはや「6回90球」が限界

 原監督からすれば、「またか……」だろう。

 1-2で敗れた21日の試合。それまで、阪神打線を散発の4安打無失点に抑えていた先発の杉内俊哉(34)が、6回に崩れた。先頭の鳥谷に7球粘られた末に右前打で出塁を許すと、2死一、二塁からマートンに走者一掃の左翼フェンス直撃二塁打を浴びた。打たれたのは、136キロの真っすぐ。やや高めに浮いたものの、内角の厳しいところを突いたボールを左翼越えに運ばれたのは、直球に威力もキレもなかったからだろう。

「確かに、杉内はイニングで言えば6回、球数で言うと90球から100球を境に球威やキレがガクンと落ちる。今季の42失点をイニング別に見るとやはり、6回に最多の16点を失っています。この日とまったく同じようなケースが6月13日のロッテ戦。5回まで1安打と完璧な投球をしていたにもかかわらず、6回に本塁打を浴びるなど2失点で降板し、今季3敗目を喫した。これは今季に限ったことではなく、昨季も総失点59のうち、6回が最多の19失点。うちのチームでは、“どんなに調子が良くても、中盤に必ずチャンスがくるから粘り強くいけ”と選手に指示をしています」(在阪球団スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る