「抜け出したいと思うが負け」 権藤氏語る混セ脱出の落とし穴

公開日:  更新日:

コラム【権藤博の流儀】

 横浜監督時代、私はリリーフ陣の起用に約束事をつくった。

1.イニングをまたいで投げた投手は次の日の試合では使わない
2.1イニングで交代した投手に限って2連投までOKとする
3.打たれた投手には翌日に必ず取り返すチャンスを与える
4.3度続けてやられた場合は二軍に落として調整し直させる

 こうした自分の中の原則を守ったことで、必然的に「中継ぎ投手のローテーション制」が出来上がった。抑えの大魔神佐々木という切り札にいかにしてつなぐか。中継ぎ陣の起用にはことさら気を使ったが、この方法が彼らの体と心のスタミナを最後まで持続させたと自負している。

 ブルペンでの投球も制限した。リリーフ投手はほぼ全試合にベンチ入りするわけだから、投球練習での球数だって少ないに越したことはない。試合中、ブルペンの様子が映し出されるモニターを見て、その日に使うつもりのない中継ぎ投手が肩をつくっていたときは、すぐに内線電話の受話器を取って、「なにをやらせてんだ!」とブルペン捕手を怒鳴ったこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る