権藤氏が苦言 「ストライクゾーンの変化がセの大混戦招いた」

公開日:  更新日:

 野球における審判は、試合のプロデューサーであり、演出家である。

 特に球審は、ストライクゾーンを広げたり、狭めたりすることで、試合を投手戦にも、乱打戦にもすることができる。そのさじ加減ひとつで、いかようにもグラウンド内をコントロールできる立場にあるわけだが、その審判たちの演出に今季、大きな変化があった。

 昨年までと比べて、明らかにストライクゾーンが広がったのだ。これまでなら「ボール」と判定していた際どい球にことごとく「ストライク」と手を上げる。阪神マートンら判定にナーバスな選手が怒りをあらわにするシーンが散見されたのもそのためだ。特に右打者の外角は米大リーグ並み、昨年よりボール半個か1個は広くなった印象を選手は持ったのではないか。

 脚本を書いたのは、コミッショナーだろうと思う。今季は開幕前からコミッショナーが試合時間短縮の大号令。スピードアップを実現するのに、最も効果的なのがストライクゾーンを広げることだ。これは私の持論で、かねてそう主張してきた。だから、今季の「脚本・演出」には大賛成だった。実際、昨季は3時間17分だった平均試合時間は今年、4月30日終了時点でセが3時間6分、パが3時間9分と一定の成果も出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る