権藤氏が苦言 「ストライクゾーンの変化がセの大混戦招いた」

公開日: 更新日:

 野球における審判は、試合のプロデューサーであり、演出家である。

 特に球審は、ストライクゾーンを広げたり、狭めたりすることで、試合を投手戦にも、乱打戦にもすることができる。そのさじ加減ひとつで、いかようにもグラウンド内をコントロールできる立場にあるわけだが、その審判たちの演出に今季、大きな変化があった。

 昨年までと比べて、明らかにストライクゾーンが広がったのだ。これまでなら「ボール」と判定していた際どい球にことごとく「ストライク」と手を上げる。阪神マートンら判定にナーバスな選手が怒りをあらわにするシーンが散見されたのもそのためだ。特に右打者の外角は米大リーグ並み、昨年よりボール半個か1個は広くなった印象を選手は持ったのではないか。

 脚本を書いたのは、コミッショナーだろうと思う。今季は開幕前からコミッショナーが試合時間短縮の大号令。スピードアップを実現するのに、最も効果的なのがストライクゾーンを広げることだ。これは私の持論で、かねてそう主張してきた。だから、今季の「脚本・演出」には大賛成だった。実際、昨季は3時間17分だった平均試合時間は今年、4月30日終了時点でセが3時間6分、パが3時間9分と一定の成果も出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る