• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

混セで首位 ヤクルト真中監督が語る「後半戦絶好調の理由」

投稿日:  更新日:

 貯金3で首位のヤクルトは26日に中日を3タテして7連勝。最下位の中日まで7ゲーム差と大混戦は続くものの、7月はリーグトップの11勝6敗と好調だ。なかでも、3番の山田哲人は後半戦に入り、打率.592の猛打でチームを牽引。一方、優勝を争う巨人は開幕前の下馬評と違い、借金1の3位と足踏み。打線強化のために今季2人目の途中入団となる新外国人野手のカステヤーノス(メッツ3A=マイナー通算109本塁打)を獲得するなど、資金力にモノをいわせて巻き返しに躍起になっている。

 真中満監督(44)に大混戦の現状や山田の好調の理由、優勝を争うライバル巨人のことについて、神宮で直撃した。

■山田は「ここで打たなきゃ」とか感じないで

――首位をキープするヤクルトですが、セの大混戦を抜け出す決め手は何だと思いますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る