混セで首位 ヤクルト真中監督が語る「後半戦絶好調の理由」

公開日:  更新日:

 貯金3で首位のヤクルトは26日に中日を3タテして7連勝。最下位の中日まで7ゲーム差と大混戦は続くものの、7月はリーグトップの11勝6敗と好調だ。なかでも、3番の山田哲人は後半戦に入り、打率.592の猛打でチームを牽引。一方、優勝を争う巨人は開幕前の下馬評と違い、借金1の3位と足踏み。打線強化のために今季2人目の途中入団となる新外国人野手のカステヤーノス(メッツ3A=マイナー通算109本塁打)を獲得するなど、資金力にモノをいわせて巻き返しに躍起になっている。

 真中満監督(44)に大混戦の現状や山田の好調の理由、優勝を争うライバル巨人のことについて、神宮で直撃した。

■山田は「ここで打たなきゃ」とか感じないで

――首位をキープするヤクルトですが、セの大混戦を抜け出す決め手は何だと思いますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る