混セで首位 ヤクルト真中監督が語る「後半戦絶好調の理由」

公開日:  更新日:

 貯金3で首位のヤクルトは26日に中日を3タテして7連勝。最下位の中日まで7ゲーム差と大混戦は続くものの、7月はリーグトップの11勝6敗と好調だ。なかでも、3番の山田哲人は後半戦に入り、打率.592の猛打でチームを牽引。一方、優勝を争う巨人は開幕前の下馬評と違い、借金1の3位と足踏み。打線強化のために今季2人目の途中入団となる新外国人野手のカステヤーノス(メッツ3A=マイナー通算109本塁打)を獲得するなど、資金力にモノをいわせて巻き返しに躍起になっている。

 真中満監督(44)に大混戦の現状や山田の好調の理由、優勝を争うライバル巨人のことについて、神宮で直撃した。

■山田は「ここで打たなきゃ」とか感じないで

――首位をキープするヤクルトですが、セの大混戦を抜け出す決め手は何だと思いますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る