全チーム貯金なし…醜すぎる“混セ”を生んだ交流戦惨敗

公開日: 更新日:

 情けない混戦だ。23日、広島と阪神が延長十二回を戦って引き分け。巨人がDeNAに敗れたため、60試合以上を消化した時点としてはプロ野球史上初めてセ・リーグ全チームの勝率が5割以下となる珍事となった。

 阪神は首位の巨人に勝率で並んだものの、ともに貯金はゼロ。最下位広島との差はわずかに2.5ゲームだ。この先どのチームが抜け出すかはまったく読めないだけでなく、首位の巨人や阪神も、1週間もすれば最下位に転落している可能性がある。

 今回の珍事を生んだ背景には、交流戦計108試合でセ・リーグが44勝61敗3分けでパ・リーグに圧倒されたことが大きいわけだが、それにしても、異常ともいえる6球団のダンゴ状態。混セといえば聞こえはいいけれど、走ってみなければ、誰が転ぶか、先頭でテープを切るかがわからない「幼稚園児のかけっこ」と同じレベルだ。

 チャンスをモノにできずズルズルと延長十二回まで戦って引き分けに終わったこの日の広島―阪神戦が、今季のセを象徴している。プロ野球を見るならパに限る……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る