• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

権藤氏は「エース脳」と分析 日ハム大谷が持つ思考回路の中身

 投手と打者の二刀流で才能を発揮する日本ハムの大谷翔平(21)だが、彼の本質は「投手人間」なのだと思う。そう感じたのは、両リーグ一番乗りの10勝目を挙げた10日の西武戦後のコメントだ。

「最初は送らせようと決めていたけど、予想以上に打球が強かったので。野手をやっていてよかったです」

 そう振り返ったのが、0-0で迎えた八回の無死一塁の場面。打席に新安打製造機の秋山を迎えた。秋山はバント。打球が強く投前に転がり、大谷はこれを二塁で封殺して、自らピンチの芽を摘み取った。俊敏なフィールディングを「野手をやっていてよかった」と自画自賛したわけだが、私が得心したのは、その前の「送らせようと決めていた」というセリフの方である。

 試合は0-0。相手先発の岸は六回まで完全投球で、八回のその時点でも四球1つだけのノーヒットノーランを続けていた。つまり、1点が明暗を分ける緊迫したゲーム展開。にもかかわらず、大谷は走者にスコアリングポジションに進まれることを恐れず、むしろ進んでバントさせることを選んだわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  6. 6

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  9. 9

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る