権藤氏は「エース脳」と分析 日ハム大谷が持つ思考回路の中身

公開日:  更新日:

 投手と打者の二刀流で才能を発揮する日本ハムの大谷翔平(21)だが、彼の本質は「投手人間」なのだと思う。そう感じたのは、両リーグ一番乗りの10勝目を挙げた10日の西武戦後のコメントだ。

「最初は送らせようと決めていたけど、予想以上に打球が強かったので。野手をやっていてよかったです」

 そう振り返ったのが、0-0で迎えた八回の無死一塁の場面。打席に新安打製造機の秋山を迎えた。秋山はバント。打球が強く投前に転がり、大谷はこれを二塁で封殺して、自らピンチの芽を摘み取った。俊敏なフィールディングを「野手をやっていてよかった」と自画自賛したわけだが、私が得心したのは、その前の「送らせようと決めていた」というセリフの方である。

 試合は0-0。相手先発の岸は六回まで完全投球で、八回のその時点でも四球1つだけのノーヒットノーランを続けていた。つまり、1点が明暗を分ける緊迫したゲーム展開。にもかかわらず、大谷は走者にスコアリングポジションに進まれることを恐れず、むしろ進んでバントさせることを選んだわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る