強豪次々撃破で甲子園に 三沢商・浪岡監督語る強化の秘策

公開日:  更新日:

 多くの高校野球ファンを驚かせたのが、11日出場する県立の三沢商(青森)だ。県大会準々決勝では13年夏の甲子園で2勝した弘前学院聖愛、決勝では11年夏から3季連続甲子園準優勝の八戸学院光星と強豪私学を次々に撃破。私学の天下だった青森県で公立校が甲子園に出場するのは、実に19年ぶりだ。今年4月に就任したばかりの浪岡健吾監督(46)の本業は消防士。多忙な業務の傍ら、野球部をどうやって鍛えたのか話を聞いた。

――夏は2年連続県大会初戦負け。春季大会も地区予選は勝ち抜くも、本戦では初戦負けです。今回はなぜ、強豪校を倒せたのですか。

「ひとつは諦めない気持ちです。私学が強いのは最初からわかっていた。(他県から)選手を集めていますし、環境や設備だって違います。純粋な実力では絶対的な違いはある。ただ、それでもやってみなきゃわからないのがスポーツでしょう。技術的には守備練習からチーム全体が良くなってきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る