強豪次々撃破で甲子園に 三沢商・浪岡監督語る強化の秘策

公開日:  更新日:

 多くの高校野球ファンを驚かせたのが、11日出場する県立の三沢商(青森)だ。県大会準々決勝では13年夏の甲子園で2勝した弘前学院聖愛、決勝では11年夏から3季連続甲子園準優勝の八戸学院光星と強豪私学を次々に撃破。私学の天下だった青森県で公立校が甲子園に出場するのは、実に19年ぶりだ。今年4月に就任したばかりの浪岡健吾監督(46)の本業は消防士。多忙な業務の傍ら、野球部をどうやって鍛えたのか話を聞いた。

――夏は2年連続県大会初戦負け。春季大会も地区予選は勝ち抜くも、本戦では初戦負けです。今回はなぜ、強豪校を倒せたのですか。

「ひとつは諦めない気持ちです。私学が強いのは最初からわかっていた。(他県から)選手を集めていますし、環境や設備だって違います。純粋な実力では絶対的な違いはある。ただ、それでもやってみなきゃわからないのがスポーツでしょう。技術的には守備練習からチーム全体が良くなってきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る