夏の甲子園完全予想 1回戦で「残る学校」と「散る学校」

公開日: 更新日:

 第97回全国高校野球が6日に開幕する。小笠原、吉田の左右の150キロ投手を擁する東海大相模、センバツ優勝の敦賀気比の両校が軸。センバツ4強の大阪桐蔭、浦和学院が地方大会で姿を消す中、例年以上に混戦模様になりそうな初戦24試合の行方を占った。

■第1日(6日)

 第1試合は北海が鹿児島実に勝つ。センバツで東海大四が準優勝を果たすなど、南北海道のレベルは上がっている。第2試合は中京大中京が岐阜城北を下す。常連校ながら5年ぶり出場の中京大中京は、上野、伊藤のバッテリーを軸に虎視眈々と上位を狙う。第3試合は春の北信越王者・佐久長聖に勝って出場を決めた上田西が宮崎日大を倒す。

■第2日(7日)

 第1試合は花巻東と専大松戸の好カード。

「花巻東はプロ注目左腕の高橋が軸。佐々木監督は『今年は打てない』と言うが、甲子園では試合巧者ぶりを発揮するクセ者監督。専大松戸もプロ注目右腕・原、左腕・角谷の2枚看板と強力打線を誇るハイレベルなチームだが、花巻東が総合力で上回るのではないか」(パ・リーグスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  9. 8

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  10. 9

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る