「辞めろ投書今も」 中京大中京・高橋監督が語る名門校の重圧

公開日: 更新日:

 5年ぶりに夏の甲子園にやってきた中京大中京(愛知)。09年夏に全国制覇、春夏通じて4季連続甲子園に導いていた大藤敏行前監督(現総監督)が、10年夏の甲子園を最後に退任。当時30歳だった高橋源一郎監督(35)が後任に就任するも、4年間甲子園から遠ざかっていた。今回が監督として初の甲子園出場だ。野球名門校で指揮を執るプレッシャーはハンパじゃないといわれる。青年監督に、その苦悩を聞いた。

――30歳で強豪校の監督に就任。プレッシャーはありましたか。

「重圧というよりは、慣れないことばかりでたくさん失敗をしましたよ。僕は監督就任前の1年間、大藤監督の下でコーチをしていましたが、見るとやるとでは大違い。若さゆえに無知なことも多く、周囲の誤解を招いたり、気付かないところで迷惑をかけたこともありました」

――具体的にはどういうことですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  9. 8

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

  10. 9

    還元率25%マイナポイントへの遠い道のり…記者が区役所へ

  11. 10

    松尾貴史さん ナンシー関さんは自分を厳しく律していた

もっと見る