小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

智弁和歌山・高嶋、明徳義塾・馬淵 両巨頭はここがスゴい

公開日:  更新日:

 二人三脚でやってきた横浜高校の同級生でもある渡辺元智監督(70)は退任したが、高校野球界の「両巨頭」が甲子園に出場した。智弁和歌山の高嶋仁監督(69)と明徳義塾の馬淵史郎監督(59)である。

 例年、強力打線をつくり上げる智弁和歌山は打撃のイメージが強い。150キロに設定したマシンをガンガン打つ打撃練習は有名だが、高嶋監督は実はノックの名手。「ノックが打てなくなったら辞める」とよく話している。内外野へのノックが巧みで、毎年守備が鍛えられているのが智弁和歌山の特徴といえる。

 私が横浜時代、94年のセンバツ2回戦で一度だけ対戦。後にプロで活躍する斉藤、紀田、多村、矢野の「4人衆」を擁しながら2―10で大敗した。この年、夏の甲子園でも初戦敗退を喫し、この後から宿舎を個室に変更。2トントラックを借りて自前の打撃マシンを2台持ち込むなど、甲子園対策を見直す契機となったのが智弁和歌山戦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る