小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

智弁和歌山・高嶋、明徳義塾・馬淵 両巨頭はここがスゴい

公開日: 更新日:

 二人三脚でやってきた横浜高校の同級生でもある渡辺元智監督(70)は退任したが、高校野球界の「両巨頭」が甲子園に出場した。智弁和歌山の高嶋仁監督(69)と明徳義塾の馬淵史郎監督(59)である。

 例年、強力打線をつくり上げる智弁和歌山は打撃のイメージが強い。150キロに設定したマシンをガンガン打つ打撃練習は有名だが、高嶋監督は実はノックの名手。「ノックが打てなくなったら辞める」とよく話している。内外野へのノックが巧みで、毎年守備が鍛えられているのが智弁和歌山の特徴といえる。

 私が横浜時代、94年のセンバツ2回戦で一度だけ対戦。後にプロで活躍する斉藤、紀田、多村、矢野の「4人衆」を擁しながら2―10で大敗した。この年、夏の甲子園でも初戦敗退を喫し、この後から宿舎を個室に変更。2トントラックを借りて自前の打撃マシンを2台持ち込むなど、甲子園対策を見直す契機となったのが智弁和歌山戦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  9. 8

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  10. 9

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る