野茂以来の快挙! 岩隈が“雑音払拭”のノーヒットノーラン

公開日: 更新日:

 マリナーズ・岩隈久志(34)が12日(日本時間13日)のオリオールズ戦に登板し、日本球界も含めて自身初の無安打無得点を達成した。116球を投げ、3四球、7三振で4勝目(2敗)をマーク。日本人投手では野茂英雄(ドジャースなど)に次いで2人目の快挙だ。今季はジャイアンツ・ヘストン、ナショナルス・シャーザー、フィリーズ・ハメルズ(現レンジャーズ)に次いで4人目のノーヒッターとなった。

 13年の2冠王(本塁打、打点)である主砲デービスを中心とした強力打線に最後までつけ入る隙を与えなかった。立ち上がりから多彩な変化球で相手打者を翻弄し、スコアボードに「0」を連ねた。

 抜群の制球力から「コントロール・アーティスト」の異名を持つ右腕が唯一のピンチを背負ったのは2点リードで迎えた四回だった。この回、先頭のマチャードに四球。2死後、リーグトップの31本塁打を放っているデービスも歩かせ、同点の走者を背負ったが、続く5番パレデスを空振り三振に仕留めて切り抜けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  10. 9

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

  11. 10

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

もっと見る