野茂以来の快挙! 岩隈が“雑音払拭”のノーヒットノーラン

公開日:  更新日:

 マリナーズ・岩隈久志(34)が12日(日本時間13日)のオリオールズ戦に登板し、日本球界も含めて自身初の無安打無得点を達成した。116球を投げ、3四球、7三振で4勝目(2敗)をマーク。日本人投手では野茂英雄(ドジャースなど)に次いで2人目の快挙だ。今季はジャイアンツ・ヘストン、ナショナルス・シャーザー、フィリーズ・ハメルズ(現レンジャーズ)に次いで4人目のノーヒッターとなった。

 13年の2冠王(本塁打、打点)である主砲デービスを中心とした強力打線に最後までつけ入る隙を与えなかった。立ち上がりから多彩な変化球で相手打者を翻弄し、スコアボードに「0」を連ねた。

 抜群の制球力から「コントロール・アーティスト」の異名を持つ右腕が唯一のピンチを背負ったのは2点リードで迎えた四回だった。この回、先頭のマチャードに四球。2死後、リーグトップの31本塁打を放っているデービスも歩かせ、同点の走者を背負ったが、続く5番パレデスを空振り三振に仕留めて切り抜けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る