新たな選手供給源、球団所有も メジャーがBCリーグに熱視線

公開日: 更新日:

 NPB(日本野球機構)だけでなくMLB(大リーグ機構)への選手供給源として期待が高まっている。NPBの即戦力になる助っ人外国人を複数輩出している独立リーグ「BCリーグ」のことだ。

 これまでNPBのドラフト指名を受けたBCリーグの選手は18人。外国人選手も今年だけでオリックスのカラバイヨ外野手(31=前群馬)、ヤクルトのデニング外野手(27=前新潟)ら4人がNPB入りしている。

 今やBCリーグはNPBへの貴重な選手供給源だが、注目しているのは日本のプロ球界に限らない。

 実はMLBも将来、BCリーグが選手獲得のルートになる可能性があるといまから熱い視線を送っている。

 BCリーグが助っ人外国人を発掘するため、毎年10月に米国で行うトライアウトにキャンプ地の施設等を提供するなど、積極的に協力しているのは将来を見据えてのものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る