新たな選手供給源、球団所有も メジャーがBCリーグに熱視線

公開日:  更新日:

 NPB(日本野球機構)だけでなくMLB(大リーグ機構)への選手供給源として期待が高まっている。NPBの即戦力になる助っ人外国人を複数輩出している独立リーグ「BCリーグ」のことだ。

 これまでNPBのドラフト指名を受けたBCリーグの選手は18人。外国人選手も今年だけでオリックスのカラバイヨ外野手(31=前群馬)、ヤクルトのデニング外野手(27=前新潟)ら4人がNPB入りしている。

 今やBCリーグはNPBへの貴重な選手供給源だが、注目しているのは日本のプロ球界に限らない。

 実はMLBも将来、BCリーグが選手獲得のルートになる可能性があるといまから熱い視線を送っている。

 BCリーグが助っ人外国人を発掘するため、毎年10月に米国で行うトライアウトにキャンプ地の施設等を提供するなど、積極的に協力しているのは将来を見据えてのものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る