ヤクルト新助っ人デニングは寮暮らし 練習2時間前に球場へ

公開日: 更新日:

 頑張り次第で給料はBCリーグ時代の20倍近くになる。豪州出身のヤクルトの新助っ人、ミッチ・デニング(26=右投げ左打ち)のことだ。

 29日のソフトバンク戦で来日初本塁打。29日現在、4試合に出場して打率2割ながら5打点を挙げている。

 バレンティン、ミレッジの相次ぐ故障により、BCリーグ新潟から26日に入団。年俸360万円プラス出来高の格安助っ人は、13年にリーグ首位打者を獲得するなどシュアな打撃がウリ。小川SDは「広角に打て、頑張ろうという姿勢もある。アマチュア相手ではあるが、日本の投手の攻め方もわかっていると思う」と話す。

 24日にミレッジが登録抹消されたため、交流戦開幕に間に合うように前倒しして契約したそうで、6月からは新人選手が暮らす戸田寮に入る。バットは新潟時代のものがプロの規定に合わずに使用できず、同僚のものを借りてプレー。新潟時代にはいなかった打撃投手の存在を新鮮に感じていたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る