ヤクルト新助っ人デニングは寮暮らし 練習2時間前に球場へ

公開日:  更新日:

 頑張り次第で給料はBCリーグ時代の20倍近くになる。豪州出身のヤクルトの新助っ人、ミッチ・デニング(26=右投げ左打ち)のことだ。

 29日のソフトバンク戦で来日初本塁打。29日現在、4試合に出場して打率2割ながら5打点を挙げている。

 バレンティン、ミレッジの相次ぐ故障により、BCリーグ新潟から26日に入団。年俸360万円プラス出来高の格安助っ人は、13年にリーグ首位打者を獲得するなどシュアな打撃がウリ。小川SDは「広角に打て、頑張ろうという姿勢もある。アマチュア相手ではあるが、日本の投手の攻め方もわかっていると思う」と話す。

 24日にミレッジが登録抹消されたため、交流戦開幕に間に合うように前倒しして契約したそうで、6月からは新人選手が暮らす戸田寮に入る。バットは新潟時代のものがプロの規定に合わずに使用できず、同僚のものを借りてプレー。新潟時代にはいなかった打撃投手の存在を新鮮に感じていたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る