• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーへの供給源だけじゃない 米「独立リーグ」4つの機能

コラム【読むメジャーリーグ】

 日本のプロ野球では独立リーグ出身者の活躍が目立っているが、メジャーでも同様だ。メジャーリーグ側から見ると独立リーグには主に4つの機能がある。

 一つはドラフトで指名されなかった逸材の育成場という機能だ。今季ブルージェイズでレギュラー左翼手にのし上がったクリス・コラベロ(31)は、大学時代から並外れたパワーの持ち主だったが、スカウトが注目しない全米大学体育協会(NCAA)2部校でプレーしていたため、ドラフトで指名されることなく大学を卒業。やむなく地元の独立リーグのチームに加入して年俸1万ドル(約120万円)に満たない貧乏暮らしをしながらプレーを続け、7年目に長打力をツインズのスカウトに認められ入団。メジャーへの道が開けた。

 カネのかからない新人の獲得源にしているところもある。ダイヤモンドバックスは昨年、独立リーグから21選手、ブレーブスも13選手をマイナー契約で入団させている。Dバックスが独立リーグからの人材発掘に力を入れるのは、12年に同リーグからスカウトしたデービッド・ペラルタ(27)が昨年メジャー入りして新人王候補になる活躍をしたことが大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る