メジャーへの供給源だけじゃない 米「独立リーグ」4つの機能

公開日:  更新日:

コラム【読むメジャーリーグ】

 日本のプロ野球では独立リーグ出身者の活躍が目立っているが、メジャーでも同様だ。メジャーリーグ側から見ると独立リーグには主に4つの機能がある。

 一つはドラフトで指名されなかった逸材の育成場という機能だ。今季ブルージェイズでレギュラー左翼手にのし上がったクリス・コラベロ(31)は、大学時代から並外れたパワーの持ち主だったが、スカウトが注目しない全米大学体育協会(NCAA)2部校でプレーしていたため、ドラフトで指名されることなく大学を卒業。やむなく地元の独立リーグのチームに加入して年俸1万ドル(約120万円)に満たない貧乏暮らしをしながらプレーを続け、7年目に長打力をツインズのスカウトに認められ入団。メジャーへの道が開けた。

 カネのかからない新人の獲得源にしているところもある。ダイヤモンドバックスは昨年、独立リーグから21選手、ブレーブスも13選手をマイナー契約で入団させている。Dバックスが独立リーグからの人材発掘に力を入れるのは、12年に同リーグからスカウトしたデービッド・ペラルタ(27)が昨年メジャー入りして新人王候補になる活躍をしたことが大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る