阪神が“猿真似”補強か? 今度は「BCリーグ」で選手探し

公開日: 更新日:

「柳の下のドジョウが2匹どころか、5匹も6匹もいると思っているんだよな」

 パ・リーグの球団幹部がイヤミたっぷりに言うのが阪神の補強策だ。

 一部報道で巨人、DeNAなどで活躍したアレックス・ラミレス(40=現BC群馬シニアディレクター)の打撃コーチ就任が検討されていることが報じられると、別のスポーツ紙でも不振を極めるマートンの代役としてBCリーグ石川に所属するネルソン・ペレス(27=外野手)の獲得を調査していることが明らかになった。2人は共に独立リーグに所属。補強にカネがかからないうえ、昨今の日本球界はカラバイヨ(オリックス)、デニング(ヤクルト)と、独立リーグ出身選手の活躍が目立つ。阪神もその波に乗ろうというわけだ。

 独立リーグだけではない。中日広島がドミニカ共和国、プエルトリコなどの中南米出身選手を獲得して成功すれば、数年前から獲得レースに「参戦」。13年にドミニカ出身のゴメスを獲得した。ヤクルト、ロッテ、オリックスなどで韓国人選手が活躍し始めると、14年に守護神・呉昇桓も獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る