日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神が“猿真似”補強か? 今度は「BCリーグ」で選手探し

「柳の下のドジョウが2匹どころか、5匹も6匹もいると思っているんだよな」

 パ・リーグの球団幹部がイヤミたっぷりに言うのが阪神の補強策だ。

 一部報道で巨人、DeNAなどで活躍したアレックス・ラミレス(40=現BC群馬シニアディレクター)の打撃コーチ就任が検討されていることが報じられると、別のスポーツ紙でも不振を極めるマートンの代役としてBCリーグ石川に所属するネルソン・ペレス(27=外野手)の獲得を調査していることが明らかになった。2人は共に独立リーグに所属。補強にカネがかからないうえ、昨今の日本球界はカラバイヨ(オリックス)、デニング(ヤクルト)と、独立リーグ出身選手の活躍が目立つ。阪神もその波に乗ろうというわけだ。

 独立リーグだけではない。中日や広島がドミニカ共和国、プエルトリコなどの中南米出身選手を獲得して成功すれば、数年前から獲得レースに「参戦」。13年にドミニカ出身のゴメスを獲得した。ヤクルト、ロッテ、オリックスなどで韓国人選手が活躍し始めると、14年に守護神・呉昇桓も獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事