年齢の壁もなんの ジャイアンツ青木「複数年契約」に現実味

公開日:  更新日:

 ジャイアンツの青木宣親(33)が復調気配だ。

 26日(日本時間27日)のカブス戦は5号先頭打者本塁打で、チームの連敗ストップに貢献。死球の影響で戦列を離脱して以降、初の一発を放って元気なところをアピールした。

 青木は今季ジャイアンツと年俸400万ドル(約4億8000万円)の1年契約。2年目の来季契約(年俸550万ドル=約6億6000万円)を行使するかどうかの選択権は球団側にある。

 自動的に契約更新される550打席をクリアするには、残り35試合で181打席が必要だからほとんど絶望的。つまり87試合に出場して2割9分6厘、26打点、5本塁打、14盗塁という33歳の今季成績をジャイアンツがどう評価するかだ。

「メジャーの野手には35歳という年齢の壁があります。イチローぐらいコンスタントに安打を重ねる選手ならともかく、アベレージヒッターだろうとパワーヒッターだろうと35歳を境にガクンとパフォーマンスが落ちると判断される。33歳の青木も同様で、年齢の壁が迫っているのは間違いありませんが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る