年齢の壁もなんの ジャイアンツ青木「複数年契約」に現実味

公開日: 更新日:

 ジャイアンツの青木宣親(33)が復調気配だ。

 26日(日本時間27日)のカブス戦は5号先頭打者本塁打で、チームの連敗ストップに貢献。死球の影響で戦列を離脱して以降、初の一発を放って元気なところをアピールした。

 青木は今季ジャイアンツと年俸400万ドル(約4億8000万円)の1年契約。2年目の来季契約(年俸550万ドル=約6億6000万円)を行使するかどうかの選択権は球団側にある。

 自動的に契約更新される550打席をクリアするには、残り35試合で181打席が必要だからほとんど絶望的。つまり87試合に出場して2割9分6厘、26打点、5本塁打、14盗塁という33歳の今季成績をジャイアンツがどう評価するかだ。

「メジャーの野手には35歳という年齢の壁があります。イチローぐらいコンスタントに安打を重ねる選手ならともかく、アベレージヒッターだろうとパワーヒッターだろうと35歳を境にガクンとパフォーマンスが落ちると判断される。33歳の青木も同様で、年齢の壁が迫っているのは間違いありませんが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る