8番・左翼で復帰の青木 「1番」剥奪なら来季の“死活問題”に

公開日:  更新日:

 開幕から好調だった日本人リードオフマンが、満を持して戦列に戻った。

 右足の腓骨骨折で故障者リスト(DL)入りしていたジャイアンツ・青木宣親(33)が27日(日本時間28日)にメジャーに復帰。チームドクターの診察を受けて患部に異常はなく出場にゴーサインが出たため、古巣のブルワーズ戦に「8番・左翼」でスタメンに名を連ねた。チームは4対2で勝ったものの、青木は3打数安打なしだった。

 6月20日のドジャース戦で死球を受けるまで262打数83安打の打率3割1分7厘、33得点、12盗塁。ナ・リーグの打率部門で上位に名を連ね、リードオフマンとして昨季チャンピオンチームを牽引してきたが、打順はこのまま下位に降格する可能性もある。

 青木が不在の間、中堅パガン、二塁パニック、三塁ダフィーの上位3人が好調。青木に代わって1番で起用されたパガンは打率2割9分、出塁率3割3分と、まずまずの働きぶりだ。上位打線が好調なこともあり、青木が離脱してからのチームは、ここまで16勝12敗。この間、12勝12敗ともたついた首位ドジャースに1ゲーム差の2位に迫った(26日終了時)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る