• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8番・左翼で復帰の青木 「1番」剥奪なら来季の“死活問題”に

 開幕から好調だった日本人リードオフマンが、満を持して戦列に戻った。

 右足の腓骨骨折で故障者リスト(DL)入りしていたジャイアンツ・青木宣親(33)が27日(日本時間28日)にメジャーに復帰。チームドクターの診察を受けて患部に異常はなく出場にゴーサインが出たため、古巣のブルワーズ戦に「8番・左翼」でスタメンに名を連ねた。チームは4対2で勝ったものの、青木は3打数安打なしだった。

 6月20日のドジャース戦で死球を受けるまで262打数83安打の打率3割1分7厘、33得点、12盗塁。ナ・リーグの打率部門で上位に名を連ね、リードオフマンとして昨季チャンピオンチームを牽引してきたが、打順はこのまま下位に降格する可能性もある。

 青木が不在の間、中堅パガン、二塁パニック、三塁ダフィーの上位3人が好調。青木に代わって1番で起用されたパガンは打率2割9分、出塁率3割3分と、まずまずの働きぶりだ。上位打線が好調なこともあり、青木が離脱してからのチームは、ここまで16勝12敗。この間、12勝12敗ともたついた首位ドジャースに1ゲーム差の2位に迫った(26日終了時)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る