元ロッテ台湾人助っ人荘勝雄さん 今はBCリーグで若手を育成

公開日: 更新日:

 1980年代半ば、プロ野球界に一大旋風を起こした台湾出身プレーヤー。呂明賜(巨人)、大豊泰昭(中日阪神)、郭泰源(西武)、郭源治(中日)、郭李建夫(阪神)らの名前がたちどころに浮かぶが、ロッテで活躍した荘勝雄さん(56)も忘れがたい。1991年に日本国籍を取得した荘さん、今どうしているのか。

「東京から? わざわざご苦労さま。福井にようこそ!」

 福井県西部、大飯原発で知られる福井県おおい町にある複合スポーツ施設「プレーパーク大飯」に隣接した宿泊所「スポーツロッジ栄光」を訪ねると、真っ黒に日焼けした荘さんがいた。

「去年の3月15日からBCリーグの福井ミラクルエレファンツでトレーニングコーチをしてます。ピッチャーや野手を問わず練習メニューを作り、それに基づいて指導するのが仕事。現役時代は阪神や西武で活躍し、去年は阪神の一軍野手総合コーチをされてた吉竹春樹監督を支える裏方です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る