元ロッテ台湾人助っ人荘勝雄さん 今はBCリーグで若手を育成

公開日:  更新日:

 1980年代半ば、プロ野球界に一大旋風を起こした台湾出身プレーヤー。呂明賜(巨人)、大豊泰昭(中日、阪神)、郭泰源(西武)、郭源治(中日)、郭李建夫(阪神)らの名前がたちどころに浮かぶが、ロッテで活躍した荘勝雄さん(56)も忘れがたい。1991年に日本国籍を取得した荘さん、今どうしているのか。

「東京から? わざわざご苦労さま。福井にようこそ!」

 福井県西部、大飯原発で知られる福井県おおい町にある複合スポーツ施設「プレーパーク大飯」に隣接した宿泊所「スポーツロッジ栄光」を訪ねると、真っ黒に日焼けした荘さんがいた。

「去年の3月15日からBCリーグの福井ミラクルエレファンツでトレーニングコーチをしてます。ピッチャーや野手を問わず練習メニューを作り、それに基づいて指導するのが仕事。現役時代は阪神や西武で活躍し、去年は阪神の一軍野手総合コーチをされてた吉竹春樹監督を支える裏方です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る