2000本安打も視野 ロッテ福浦が語る「衰え」との付き合い方

公開日: 更新日:

 ベテランが復調気配だ。今季はシーズン開幕から一軍でプレーし、1日現在で打率.271、2本塁打、12打点。13年は32安打、14年も26安打と低迷も、今季はすでに19安打をマークし、一時は絶望視されていた2000本安打(残り116本)も再び視野に入ってきた。今季は何が変わったのか。本人に聞いた。

――残り120本を切った2000本安打。一時は絶望的な状況でしたが。

「今年はキャンプから故障もなく順調にきましたから。この間(4月末)の尿管結石の入院は別ですけど(笑い)。その後すぐに(一軍に)戻ってこれたし、そういう運もあってここまでこれてます」

――12月で40歳。衰えは出てくる。

「そこはあまり考えたくないんですけど、若い頃と比べれば体の回復が遅いのはやっぱりあります。だから、数年前から酒はやめました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

  9. 9

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

  10. 10

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る