2000本安打も視野 ロッテ福浦が語る「衰え」との付き合い方

公開日:  更新日:

 ベテランが復調気配だ。今季はシーズン開幕から一軍でプレーし、1日現在で打率.271、2本塁打、12打点。13年は32安打、14年も26安打と低迷も、今季はすでに19安打をマークし、一時は絶望視されていた2000本安打(残り116本)も再び視野に入ってきた。今季は何が変わったのか。本人に聞いた。

――残り120本を切った2000本安打。一時は絶望的な状況でしたが。

「今年はキャンプから故障もなく順調にきましたから。この間(4月末)の尿管結石の入院は別ですけど(笑い)。その後すぐに(一軍に)戻ってこれたし、そういう運もあってここまでこれてます」

――12月で40歳。衰えは出てくる。

「そこはあまり考えたくないんですけど、若い頃と比べれば体の回復が遅いのはやっぱりあります。だから、数年前から酒はやめました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る