吉田沙保里にスタミナ不安 史上3人目五輪4連覇に“黄信号”

公開日: 更新日:

 霊長類最強の女に不安説がささやかれ始めた。

 9日(日本時間10日)のレスリング世界選手権女子53キロ級を制し、五輪と合わせて16連覇を達成した吉田沙保里(32)。日本レスリング協会の規定でメダルを獲得した選手は、今年12月の全日本選手権に出場すれば来年のリオ五輪代表に内定する。吉田は48キロ級で3連覇した登坂絵莉(22)、58キロ級の伊調馨(31)、69キロ級3位の土性沙羅(20)とともに、五輪出場をほぼ手中にした。

 58キロ級の伊調馨(31)とともに五輪3連覇中の吉田には、4個目の金メダルがかかる。4連覇を達成すれば、陸上円盤投げのアル・オーター、同走り幅跳びのカール・ルイス(ともに米国)に次いで史上3人目の快挙となるが、不安は尽きない。

 今回の決勝戦では世界ランキング2位のソフィア・マットソン(25=スウェーデン)に苦戦。相手の徹底研究もあり、吉田の武器である高速タックルはあっさりとかわされるなど攻撃を封じられた。最後の30秒は息も上がり、相手の攻撃をしのぐのがやっと。スタミナ切れは明らかで試合終了後も表情は歪んだままだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る