• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉田沙保里にスタミナ不安 史上3人目五輪4連覇に“黄信号”

 霊長類最強の女に不安説がささやかれ始めた。

 9日(日本時間10日)のレスリング世界選手権女子53キロ級を制し、五輪と合わせて16連覇を達成した吉田沙保里(32)。日本レスリング協会の規定でメダルを獲得した選手は、今年12月の全日本選手権に出場すれば来年のリオ五輪代表に内定する。吉田は48キロ級で3連覇した登坂絵莉(22)、58キロ級の伊調馨(31)、69キロ級3位の土性沙羅(20)とともに、五輪出場をほぼ手中にした。

 58キロ級の伊調馨(31)とともに五輪3連覇中の吉田には、4個目の金メダルがかかる。4連覇を達成すれば、陸上円盤投げのアル・オーター、同走り幅跳びのカール・ルイス(ともに米国)に次いで史上3人目の快挙となるが、不安は尽きない。

 今回の決勝戦では世界ランキング2位のソフィア・マットソン(25=スウェーデン)に苦戦。相手の徹底研究もあり、吉田の武器である高速タックルはあっさりとかわされるなど攻撃を封じられた。最後の30秒は息も上がり、相手の攻撃をしのぐのがやっと。スタミナ切れは明らかで試合終了後も表情は歪んだままだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る