吉田沙保里リオ内定 前人未到の個人200連勝で世界16連覇

公開日:  更新日:

 霊長類最強の女が前人未到の200連勝を達成した。

 レスリングの世界選手権(米ラスベガス)は9日(日本時間10日)、男女4階級を行い女子53キロ級の吉田沙保里(32)は決勝でソフィア・マットソン(25=スウェーデン)を2-1で下し、五輪も含めて16連覇を達成。個人戦での連勝を200に伸ばした。

 吉田は初戦の2回戦でスイス選手相手に両足タックルを決め、わずか1分06秒でフォール勝ち。3回戦、4回戦とも相手に攻めさせずに危なげなく勝ち上がる。準決勝ではチョン・ミョンスク(北朝鮮)に今大会初めてポイントを奪われるが、終盤に2点を取って振り切った。

 過去に2度、決勝で顔を合わせているマットソンとの決勝は第1ピリオドで1点先制を許したが、第2ピリオドで相次いでタックルを決めて2-1と逆転。最後はマットソンの執拗な攻撃を力で封じ込めて粘る相手を下した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る