世界柔道4大会ぶり金なのに 松本薫なぜリオ五輪内定せず?

公開日: 更新日:

 メダルラッシュを伝えるスポーツ紙の記事にも「内定」の2文字がどこにもない。

 カザフスタン・アスタナで行われている柔道の世界選手権。26日は男女2階級を行い女子57キロ級はロンドン五輪金メダルの松本薫(27)が10年東京大会以来4大会ぶりの優勝。男子73キロ級では大野将平(23)が中矢力(26)との日本人対決を制し、13年大会以来の王者に返り咲いた。これで女子は52キロ級を制した中村美里(26)の他、48キロ級で浅見八瑠奈(27)が銀、近藤亜美(20)が銅と開幕から3階級続けてメダルを獲得。来年のリオ五輪に向けて弾みがついたものの、金の中村、松本でさえ、来年のリオ五輪代表が内定したわけではない。

 水泳レスリングなどは、世界選手権を制した選手は代表が内定する。先の世界水泳で金メダルを獲得した男子400メートル個人メドレーの瀬戸大也(21)、女子200メートル平泳ぎの渡部香生子(18)、同200メートルバタフライの星奈津美(25)の3人は出場権を得た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る