世界柔道4大会ぶり金なのに 松本薫なぜリオ五輪内定せず?

公開日:  更新日:

 メダルラッシュを伝えるスポーツ紙の記事にも「内定」の2文字がどこにもない。

 カザフスタン・アスタナで行われている柔道の世界選手権。26日は男女2階級を行い女子57キロ級はロンドン五輪金メダルの松本薫(27)が10年東京大会以来4大会ぶりの優勝。男子73キロ級では大野将平(23)が中矢力(26)との日本人対決を制し、13年大会以来の王者に返り咲いた。これで女子は52キロ級を制した中村美里(26)の他、48キロ級で浅見八瑠奈(27)が銀、近藤亜美(20)が銅と開幕から3階級続けてメダルを獲得。来年のリオ五輪に向けて弾みがついたものの、金の中村、松本でさえ、来年のリオ五輪代表が内定したわけではない。

 水泳やレスリングなどは、世界選手権を制した選手は代表が内定する。先の世界水泳で金メダルを獲得した男子400メートル個人メドレーの瀬戸大也(21)、女子200メートル平泳ぎの渡部香生子(18)、同200メートルバタフライの星奈津美(25)の3人は出場権を得た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る