58キロ級・伊調馨もリオ内定 圧巻の世界選手権13連覇

公開日: 更新日:

 終わってみれば完勝だった。

 レスリングの世界選手権(米ラスベガス)は10日(日本時間11日)、男女5階級を行い、女子58キロ級の伊調馨(31)が決勝でペトラ・マーリト・オッリ(21=フィンランド)を10-0で下し優勝。五輪と合わせて13連覇を達成した。

 伊調は準決勝まで対戦した相手に1点も与えず、テクニカルフォール、フォール勝ち。決勝では世界選手権初出場ながらファイナルまで勝ち上がり勢いに乗るフィンランドの新鋭も寄せ付けなかった。立て続けに6ポイントを奪って第1ピリオドを折り返す。第2ピリオドの2分過ぎに片足タックルから相手のバックを取ってポイントを追加。粘る相手をマットに沈めた。

 試合後には女子レスリングでは恒例となったコーチによる肩車で日の丸を掲げながらマットを1周。スタンドの声援に笑顔で応えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  4. 4

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  7. 7

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  10. 10

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

もっと見る