• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

58キロ級・伊調馨もリオ内定 圧巻の世界選手権13連覇

 終わってみれば完勝だった。

 レスリングの世界選手権(米ラスベガス)は10日(日本時間11日)、男女5階級を行い、女子58キロ級の伊調馨(31)が決勝でペトラ・マーリト・オッリ(21=フィンランド)を10-0で下し優勝。五輪と合わせて13連覇を達成した。

 伊調は準決勝まで対戦した相手に1点も与えず、テクニカルフォール、フォール勝ち。決勝では世界選手権初出場ながらファイナルまで勝ち上がり勢いに乗るフィンランドの新鋭も寄せ付けなかった。立て続けに6ポイントを奪って第1ピリオドを折り返す。第2ピリオドの2分過ぎに片足タックルから相手のバックを取ってポイントを追加。粘る相手をマットに沈めた。

 試合後には女子レスリングでは恒例となったコーチによる肩車で日の丸を掲げながらマットを1周。スタンドの声援に笑顔で応えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る