58キロ級・伊調馨もリオ内定 圧巻の世界選手権13連覇

公開日:  更新日:

 終わってみれば完勝だった。

 レスリングの世界選手権(米ラスベガス)は10日(日本時間11日)、男女5階級を行い、女子58キロ級の伊調馨(31)が決勝でペトラ・マーリト・オッリ(21=フィンランド)を10-0で下し優勝。五輪と合わせて13連覇を達成した。

 伊調は準決勝まで対戦した相手に1点も与えず、テクニカルフォール、フォール勝ち。決勝では世界選手権初出場ながらファイナルまで勝ち上がり勢いに乗るフィンランドの新鋭も寄せ付けなかった。立て続けに6ポイントを奪って第1ピリオドを折り返す。第2ピリオドの2分過ぎに片足タックルから相手のバックを取ってポイントを追加。粘る相手をマットに沈めた。

 試合後には女子レスリングでは恒例となったコーチによる肩車で日の丸を掲げながらマットを1周。スタンドの声援に笑顔で応えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る