弱点を徹底攻めか…女王・吉田沙保里に海外勢の“包囲網”

公開日: 更新日:

「霊長類最強の女」の牙城を崩そうと海外のライバルたちがタッグを組んだという。

 レスリングの世界選手権(米国・ラスベガス)は、10日(日本時間)から女子の各階級がスタート。53キロ級には吉田沙保里(32)が登場し、前人未到の16連覇を目指す。

 今大会もダントツの優勝候補だが、ライバルも手をこまねいているわけではない。女王の座から陥落させようと「吉田包囲網」を敷いたのだ。

 今大会は同階級に46人がエントリーした。吉田の実力は抜きんでており、対戦相手にとっては個々の力だけで倒すのは容易ではない。上位進出が有力視される選手の間では「準決勝までに対戦した選手がサオリ(吉田)に致命傷を負わせれば勝機が出てくる」とささやき合っているなんて話もある。

「吉田はジュニア時代に骨折して以来、右手首に爆弾を抱えています。疲労骨折も珍しくなく、吉田にとっては数少ないウイークポイントとも言えるものです。吉田を倒すには弱点を攻めるのが効果的なのは言うまでもなく、しつこく右手首を攻め、勝てなくても決勝までにダメージを与えるしかない。吉田と同じブロックに入った選手は右手首を執拗に攻めてくることが考えられます」(レスリング関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る