3A最多勝 村田透はメジャーのマウンドに定着できるのか

公開日:  更新日:

 今季はマイナーながら結果を残したのが、インディアンス傘下のコロンバスでプレーする村田透(30)だ。

 10年オフに巨人をクビになった右腕は今季、開幕からローテーションを守り、27試合で15勝4敗、防御率2.90。チームが所属するインターナショナル・リーグの最多勝になった。インディアンスの先発陣が不足した6月にはメジャー初昇格。同28日のオリオールズ戦に先発し、3回3分の1を2本塁打を含む4安打5失点と結果は残せなかったものの、念願だったメジャーのマウンドを踏んだ。

 防御率はリーグ6位、投球回数164回3分の1は同3位。3AのMVP候補にも挙がっている。村田は来季こそ、メジャーに定着できるのか。

「3Aで最多勝になっても、村田が来季メジャーのロースター(25人)に入るのは厳しい。来年の5月20日で31歳。投手としてはピークを過ぎており、どの球団でも同じ実力なら若手を優先的に起用するはずです。インディアンスと再契約しようが、他球団に移籍しようがメジャー契約ではなく、メジャーとマイナーで年俸が変動するスプリット契約になると思う。契約内容はマイナーでは10万ドル(約1200万円)、メジャーに昇格した場合は100万ドル(約1億2000万円)が適正価格でしょう」(メジャー関係者)

 元巨人のドラフト1位右腕がメジャーで輝くのは容易ではなさそうだ。

 その村田は11日(日本時間12日)、3Aプレーオフのノーフォーク戦(オリオールズ傘下)に登板。二回からマウンドに上がり4回を2本塁打含む8安打5失点と精彩を欠いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る