たとえ三冠でも…ヤクルト山田「メジャーの評価」が渋い理由

公開日:  更新日:

 メジャーで近年、サッパリなのが日本人内野手の評価だ。

 川崎(現ブルージェイズ)、田中賢(現日本ハム)、西岡(現阪神)……昨オフは阪神の鳥谷がメジャー挑戦を視野に入れたものの、あまりの低評価に移籍を断念したといわれている。

 そこへいくとヤクルトの山田哲人(23)は、これまでの内野手とちょっと違う。8日現在、33本塁打はセ・リーグでダントツ。打率3割3分3厘と87打点はともにリーグ2位。30盗塁はリーグトップ。三冠王はもちろん、4冠も視野に入れている。

 山田が田中賢や西岡、鳥谷と異なるのはパワーを備えている点だ。かつてメジャーで内野のレギュラーを張った岩村はプロ野球で44本、井口(現ロッテ)は30本を打った経験があった。パンチ力があれば、メジャーでもそこそこ評価されるのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る