今季6人目、8月は3人も…メジャーで“ノーノー”量産の理由

公開日: 更新日:

 メジャーでまた偉業が成し遂げられた。カブスの右腕ジェーク・アリエッタ投手(29)が30日(日本時間31日)のドジャース戦でノーヒットノーランを達成。12日の岩隈久志(マリナーズ)、21日のマイケル・フィアーズ(アストロズ)に続いて8月だけで3人目、今季通算6人目のノーヒッターとなった。

 過去10年で最も多い12年の7度(うち1回は継投)を上回るペースで快挙が続出している。

 今季ここまで大仕事をやってのけた6人ともカッターを武器とする投手だ。アリエッタは昨年、米スポーツ専門局「ESPN」が選ぶ「ベストカッター」の1位に選ばれた。岩隈や6月20日のパイレーツ戦で達成したナショナルズのシャーザーは、今季新たにカッターを球種に加えて投球の幅が広がり、無安打無得点につながった。カッターはスライダー回転の速球のこと。打者の手元で微妙に変化してバットの芯を外す。少ない球数で打ち取れるため、ここ数年はカッターの精度を上げる投手が増えている。いずれの投手も武器とするカッターを有効に使ったことが偉業達成につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る