U-18W杯決勝進出 メジャーが「お持ち帰り」したい侍J戦士

公開日:  更新日:

「オコエ? もし彼がドミニカのアカデミーにいたとしても、争奪戦になると思うよ」

 4日の韓国戦を七回コールド勝ち、6日の優勝決定戦(米国戦)進出を決めたU―18日本代表を視察するネット裏のメジャースカウトがこう言った。日本代表にはメジャースカウトたちが目を留め、「アメリカに連れて帰りたい」と口にする選手が何人かいる。

 その中で1番人気なのがダイナミックな走りでファンを魅了するオコエ瑠偉(関東一=3年)。4日の韓国戦でダイビングキャッチの際に右太ももから出血。4針縫ったが、6日の決勝戦には支障はなさそうだ。

 冒頭のスカウトは、「逸材がゴロゴロいるドミニカの高校生にも引けを取らない」と言ってこう続けた。

「あの脚力と身体能力の高さを見れば、伸びしろは十分にある。3日のカナダ戦では投手強襲安打を放って二塁打にしたが、夏の甲子園で三塁打を放った時、打ってから三塁に到達するタイムが10秒を切ったのには驚いた。これは日本のプロ野球でもトップクラス、メジャーでも速い部類に入る。打撃は手打ちで改善の余地はあるが、木製バットも徐々に対応できているし、もっともっとうまくなる。日本で小さくまとまるくらいなら、MLBに行って、ルーキーリーグから鍛えれば、さらに可能性は広がると思う。将来的には、ソリアーノ(元ヤンキース)のようなグレートな選手になって欲しいし、それくらいの可能性を秘めている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る