吉田&伊調に歯が立たず…欧米がグレコ採用で狙う日本潰し

公開日: 更新日:

「金5個は取れる感じがしている」――来年のリオ五輪の手応えについて、日本レスリング協会の栄和人強化本部長が自信たっぷりに話した。

 世界選手権(米ラスベガス)は女子53キロ級の吉田沙保里(32)が五輪と合わせて16連覇を達成。58キロ級の伊調馨(31)は同様に連覇を「13」に伸ばし、48キロ級の登坂絵莉(22)も同大会を3連覇するなど、日本勢は金3個、銀1個、銅1個と五輪実施階級で計5個のメダルを獲得し、レベルの高さを世界中にアピールした。

 栄本部長が鼻高々で金メダル取りを公言するのもわかるが、そんな日本を世界中のレスリング関係者は苦々しい思いで見ているという。

 世界のトップレベルの選手でさえ、吉田、伊調らの日本女子にはまるで歯が立たない。現状では日本を中心とした特定の国にメダルが集中し、世界的競技の普及が進まない可能性もあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る