吉田&伊調に歯が立たず…欧米がグレコ採用で狙う日本潰し

公開日: 更新日:

「金5個は取れる感じがしている」――来年のリオ五輪の手応えについて、日本レスリング協会の栄和人強化本部長が自信たっぷりに話した。

 世界選手権(米ラスベガス)は女子53キロ級の吉田沙保里(32)が五輪と合わせて16連覇を達成。58キロ級の伊調馨(31)は同様に連覇を「13」に伸ばし、48キロ級の登坂絵莉(22)も同大会を3連覇するなど、日本勢は金3個、銀1個、銅1個と五輪実施階級で計5個のメダルを獲得し、レベルの高さを世界中にアピールした。

 栄本部長が鼻高々で金メダル取りを公言するのもわかるが、そんな日本を世界中のレスリング関係者は苦々しい思いで見ているという。

 世界のトップレベルの選手でさえ、吉田、伊調らの日本女子にはまるで歯が立たない。現状では日本を中心とした特定の国にメダルが集中し、世界的競技の普及が進まない可能性もあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る