• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉田、伊調避け階級変更 進まぬ女子レスリングの「世代交代」

「勝ちやすい階級に逃げたのがミエミエだよ」

 23日に閉幕した天皇杯全日本レスリング選手権。関係者からはこんな声も聞こえてきた。

 最終日は男女7階級が行われ、女子53キロ級では吉田沙保里(32)、同58キロ級では伊調馨(30)が順当に優勝。新階級で吉田は初、伊調は連覇を達成した。

 今大会は16年リオ五輪の第1次予選会も兼ねる。2人の金メダリストがリオに向けて好スタートを切ったのは当然か。53、58キロ級の2階級はハナから勝ち目がないと、55、60、63キロ級に階級をずらして出場した選手が少なくなかったからだ。

 18人が出場した吉田の53キロ級はともかく、伊調の58キロ級を戦ったのはわずか7人。シードの伊調は準決勝、決勝の2試合をこなしただけだ。階級を変更した選手の大半は望みが少ない五輪出場よりも、世界選手権で採用されている階級(55、60、63キロ級)でのメダル狙いだという。

 いつまでたっても吉田、伊調を脅かす存在は現れないし、これでは世代交代も進まない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

もっと見る